オーディオインターフェイス機能別比較表

※ここのリストにある製品はすべてHI-Z、48Vファンダム電源、ダイレクトモニタリング搭載

オーディオインターフェイスの商品説明文は専門用語が多くて複雑

オーディオインターフェイスはDTMには必ず必要なものです。DTMをする時にきれいな音で音で再生・録音したりすることができたり、パソコンの音を鳴らす時に必ずと言っていいほど起きる遅延をなくしたりすることができます。

また最近は良い音を出したい生配信やゲーム実況などをする方にも使われるようになり、ますます需要が多くなりました。

ですがそのような需要にも関わらずオーディオインターフェイスには複雑な専門用語が多いので、初心者の方にはどれを選べばいいか製品の説明を読んでもよくわからないと思います。

オーディオインターフェイスの商品説明文はDTM用語とも違う特別な専門用語が多いので初心者の方にもある程度DTMをしている方にもとても難しい。

このページではオーディオインターフェイスの商品説明文によくでてくる機能や専門用語を簡単に解説して、どのオーディオインターフェイスを選べばいいかわかりやすくしました。

オーディオインターフェイスの用語説明

 機能の説明できること
XLR端子主にマイクで使われている端子マイクを挿すことができる。
TRS端子エレキギターなど幅広く使われている標準フォーンプラグを挿す端子エレキギターやミキサーなどの音を入出力できる。
XLR/TRSコンビネーション端子
(コンボ・ジャック)
XLR端子とTRS端子のどちらかを挿すことができる端子例えば一つの端子でマイクやエレキギターのどちらかを挿せる。
変換ケーブルを使わなくても良くなる。
RCAピンテレビや一般的なオーディオ機器で使われている赤と白の端子RCAピンで音の入出力ができる
ドライバー
(ASIO、WDM、CoreAudio)
PC内蔵ドライバーではなくASIOなどのドライバーを使うこと。
大抵の場合ASIO。独自のものもある。
パソコンの音の遅延をほぼ無くすことができる。
例えばDAWで音を出したときに音が遅れなくなる。
ソフトウェア音源で遅延なくMIDIキーボードで演奏ができる。
プリアンプ音量を上げる機能マイクの音量を上げることができる。
ダイナミックマイクは音量がとても小さく、ただ音量を上げるだけはノイズも増幅されてしまう。
ファンタム電源コンデンサーマイクの電源コンデンサーマイクが使えるようになる。
ダイレクト・モニタリング入力した音をそのまま聴くことができるマイクやギターなどの音を確認しながら録音できます。
USBバスパワーUSBから電力をとる機能USBを挿せば動くのでACアダブターの電源が要らない
ループバック機能再生している音をパソコンの音として流すことができる機能入力した音をインターネットの生配信にのせることができる。
HI-Z入力
(ハイ・インピーダンス対応)
エレキギター、エレキベースなどを直接繋ぐことができるエレキギターなどを直接つなげて音を鳴らすことができる
MIDIインターフェースMIDIの入出力をやり取りできる端子外部MIDIコントローラーや外部シンセ、外部音源などを操作できます。
※USBでMIDIキーボードをつなぐときは必要ありません。
内蔵エフェクト
(コンプレッサー内蔵、リバーブ内蔵など)
オーディオインターフェイスに内蔵されているエフェクター内臓なので遅延なくエフェクトを掛けることができる。
ボーカルをコンプレッサーやリバーブを掛けても遅延なくモニターできたり、生配信で流すことができる。
DSPエフェクトPCのCPUではなくオーディオインターフェイスで処理をするエフェクター遅延をすることなくエフェクトを掛けることができる。
内蔵エフェクトよりも種類が豊富で高品質であることが多い。
DSPモニタリングDSPエフェクターを使いながらモニターできる機能ボーカルやギターにエフェクトを掛けてモニターしてもレイテンシー(遅延)がない。
DSPミキサーオーディオインターフェイスで処理をするミキサーオーディオインターフェイス内蔵のミキサーで音量やエフェクトなどを操作できる。
デジタル出力・入力デジタル端子でつないで入出力できるデジタル端子をつなぐことができる
AD/DA コンバーターデジタル入出力をアナログ入出力に変える機能デジタル入出力をアナログ入出力に変えることができる。
デジタル端子とアナログ端子をつなぐことができる。

DSPエフェクト・DSPミキサー

DSP機能はオーディオインターフェイスの内部でエフェクトを掛けたりミキサーをコントロールできる機能です。

通常DAWなどで使用するソフトウェア・プラグインはパソコンのCPUで処理するので遅延が起こります。ASIOというドライバーを使えばある程度は遅延をしなくなるのでDAWで曲を作ったりMIDIキーボードで演奏するときなどはそれほど気になりません。

ですがモニタリングしたい場合はASIOドライバーを使ったとしてもかなり違和感が出てしまいます。モニタリングの場合は出した音がすぐヘッドフォンなどに返ってこないとリズムが取りにくく、録音することが難しくなります。

またパソコンの性能にも影響を受けます。DAWなどの重たいソフトを同時に使用すると遅延が大きくなってしまいます。

DSPエフェクトはパソコンではなくオーディオインターフェイスでエフェクトの処理をするので遅延がほぼなくなります

DSP機能付きのおすすめオーディオインターフェイス

DSPエフェクター・DSPミキサー付きのオーディオインターフェイスは以前は高価な製品にしか搭載されていませんでした。最近は一般向けの製品、初心者の方でも使える製品にも搭載され始めました。

UR22C (Steinberg)

UR22C

UR22CはSteinberg社から2019年10月に発売された新しいオーディオインターフェイスです。

SteinbergからはUR22mkIIという売上ランキング1位に居続けていた定番のオーディオインターフェイスがありましたが、このUR22Cはそれの後継版です。UR22mkIIからあるプリアンプ、ループバック機能などの基本的な機能をすべて備えてます。

UR22CではついにDSP機能が搭載されました。これまでは1万円台のオーディオインターフェイスでDSPが付いていることはありませんでした。さらに音質も24bitから32bitに上がっています。

これからはUR22mkIIに代わってUR22Cが定番製品になると思います。とてもおすすめです。


楽天で見る
サウンドハウスで見る

UAC-2 (ZOOM)

ZOOM USB3.0 オーディオインターフェイス UAC-2

Zoomはギター用のエフェクターやレコーダーなどで有名な音響機材メーカーです。

UAC-2はDSP機能がついています。数年前までは2万円台のオーディオインターフェイスでDSPがついていることはほとんどありませんでした。

またこのオーディオインターフェイスは特に音のレイテンシー(遅延)を下げることに力を入れいます。

ループバック機能もついているので生配信や動画制作にも使いやすいです。


楽天で見る
サウンドハウスで見る

ループバック機能

ループバック機能は出力される音とパソコンの音を同時に録音したり生配信で流すことができたりする機能です。

ループバックがなくてもマイクの音や楽器の音、ラインインで入力した音をのせることはできますが、それとパソコンで鳴らした音を同時に録音したり配信で流すことはできません。

ループバック機能があるオーディオインターフェイスを買えば生配信でパソコンの音と入力した音(マイクの音や楽器の音、ゲームの音など)と同時に流すことができます。

USBバスパワー

USBバスパワーは外部ACアダプター電源などを使わずにUSBにつなぐだけで電源を供給できる機能のことです。

入出力や機能が多く電力が必要なオーディオインターフェイスになると外部電源が必要になることが多いです。

大型のスタジオ向け製品ではほとんどなく、小型で個人向け製品の機能となります。

その他機能について

最近のオーディオインターフェイスはHi-Z、48Vファンダム電源、プリアンプ、ダイレクトモニタリングなどの基本的な機能がたいていついています。難しい専門用語ですがこのページに書かれている製品ならたいてい揃っています。

定番の製品、最新の製品を買えば一通り機能が揃ったオーディオインターフェイスを買うことができるので難しいと感じる初心者の方は定番の製品を選ぶのがいいでしょう

DSP機能が1万円~2万円の製品に付くようになったのはごく最近なのでまだまだ少ないです。

配信向けと書かれているオーディオインターフェイスにはDSPではなく内蔵エフェクターがついていることがありますがDTMにはあまりおすすめではありません。配信者の方もぜひDTM向けのDSP付きオーディオインターフェイスをおすすめします。

以前定番だったUR22mkIIの後継機のUR22Cは初心者の方にもおすすめです。

関連ページ

こちらのページも参考にしてください