Addictive Drums 2のADpakを紹介

【国内正規品】XLN Audio Addictive Drums 2 Custom XL ダウンロード版(シリアルナンバーのみ簡易パッケージ) ソフトウェアドラム音源

Addictive Drums 2のADpakはどれもクオリティが高いのでおすすめです。

今回は個人的におすすめなADpakをいくつか紹介します。各ジャンルごとの相性は私が個人的に考えて10段階で評価しました

ADpakの名前と実際に使えるジャンルはあまり関係がない

XLN AudioのAddivtive Drums 2は定番のドラム音源です。

ADpakの名前には音楽のジャンル名がついています。それぞれのADpakには収録されているドラムキットが違います。

プリセットはそのジャンルに特化していますが、エディットすれば違うジャンルの音楽にも対応できることがあります。ADpakについている名前とは関係ないジャンルにも使えるものも多いです。

ADpakだけを買っても使うことができます。Addictive Drums 2 Customという商品を買えば好きなADpakを3つ選んで使用することができます。Custom XLなら6つ選べます


Amazonで見る
楽天で見る
サウンドハウスで見る
Yahooショッピングで見る
PLUGIN BOUTIQUEで見る

FAIRFAX vol. 1

FAIRFAX vol. 1の特徴

FAIRFAX vol. 1は万能なドラムだと思います。

パワーがあるのでロック全般に向いていますが、ロック系の音楽の中ではとくにオルタナティブロックや60~70年代のロックに向いていると思います。

ロック系以外でもジャズやフォーク、ファンク、カントリーなどにも合うと思います。パワフルな音で力強いリズムが必要な時に使える音源だと思います。

FAIRFAX vol. 1の各ジャンルとの相性

  • ポップ:8
  • ロック:10
  • メタル:7
  • ジャズ:7
  • フォーク:8
  • ファンク:8
  • エレクトロニック:5

ポップはパワーポップなど向いていますね。
メタル系ではオールドスクールなハードロックに向いていますね。


Amazonで見る
サウンドハウスで見る
PLUGIN BOUTIQUEで見る

United Pop

United Popの特徴

ポップと名前がついていますがこちらも万能です。こちらものADpakもどのジャンルの音楽にも合います。

ブラス系のスネアできらびやかな音がするので、音が埋もれずにリズムを刻めます。FAIRFAX Vol. 1と同じくパワーがあり、全体的にFAIRFAX Vol. 1と似ています。

United Popの各ジャンルとの相性

  • ポップ:10
  • ロック:9
  • メタル:6
  • ジャズ:7
  • フォーク:8
  • ファンク:9
  • エレクトロニック:6

どのジャンルの曲にも合いますが、ロックにも特によく合います。


Amazonで見る
サウンドハウスで見る
PLUGIN BOUTIQUEで見る

Vintage Dry

Vintage Dryの特徴

こちらは思っている以上に万能で、昔の音楽全般に向いていますが、現代のポップやロックなどにも使えます。ファンクやディスコなどダンスビートでおしゃれな音楽に合うと思います。

渋くておしゃれな雰囲気を出したい時にぴったりな音源です。

Vintage Dryの各ジャンルとの相性

  • ポップ:7
  • ロック:7
  • メタル:6
  • ジャズ:10
  • フォーク:10
  • ファンク:9
  • エレクトロニック:7

点数的にもかなり万能だと感じていることがわかりますね。


Amazonで見る
楽天で見る
サウンドハウスで見る
PLUGIN BOUTIQUEで見る

United Heavy

United Heavyの特徴

こちらはヘビィ-という名前がついていますが、ロック系の音楽全般に合います。

ADpak Metalという物もありますが、こちらのUnited Heavyはメタルも含めたあらゆるヘヴィーな音楽に合うのでメタル系の音楽を作っている方にもおすすめです。

どちらかというと、ADpak Metalはメロデス、メタルコア、プログレッシブメタルなどに合いますが、United Heavyはオルタナティブロックやストナーロック、ブルースロックなどダウンビードな曲によく合うと思います。

United Heavyの各ジャンルとの相性

  • ポップ:6
  • ロック:10
  • メタル:10
  • ジャズ:2
  • フォーク:3
  • ファンク:4
  • エレクトロニック:2

ポップ系ではパワーポップやポップパンク、インディーポップなどにも合わせることもできます。


PLUGIN BOUTIQUEで見る

Studio Pop

Studio Popの特徴

Addictive Drums といえばこの音のイメージが強いのではないでしょうか。

Sonorのドラムを録音しているので、使いやすい音がします。ポップと書いていますが、Sonorのドラムはロックにも使われますし、あらゆるジャンルに対応できます。

明るい音でポップに最適ですね。Addictive Drumsでは定番のADpakなのでぜひ持っておきたい音源です。

Studio Popの各ジャンルとの相性

  • ポップ:10
  • ロック:7
  • メタル:6
  • ジャズ:5
  • フォーク:6
  • ファンク:6
  • エレクトロニック:6

点数的にはあまり万能ではないように感じますが、エディット次第では普通に様々なジャンルで使えます。派手なカンカンした音がロックにも合うと思います。


Amazonで見る
サウンドハウスで見る
PLUGIN BOUTIQUEで見る

関連ページ

こちらのページも参考にしてください。