Kompleteにはグレードが4つある

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 12

Native InstrumentsのKomplete 12には

の4つのグレードがあります。SELECTが下位グレードでULTIMATE Collector’s Editionが最上位グレードです。

KOMPLETEシリーズは有名な音源やソフトシンセやエフェクトプラグインのセットで、プロも使用しています。非常に多くの楽器の音源がお得に手に入れられるので、初心者の方でもおすすめです。

今回はどれを買えばいいかわからない方のためにKOMPLETEの4つのグレードを比較したいと思います

4つのKOMPLETEの主な違いを比較

 Komplete 12 SelectKomplete 12Komplete 12 UltimateKomplete 12 Ultimate Collector’s Edition
価格¥25,800¥72,400¥144,400¥204,800
音源数1452101101
含まれている人気製品
  • MASSIVE
  • KONTAKT 6
  • MASSIVE
  • BATTERY 4
  • DRUMLAB
  • ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • SESSION GUITARIST - STRUMMED ACOUSTIC
  • SCARBEE MM BASS
  • SESSION STRINGS
  • GUITAR RIG 5 PRO
  • KONTAKT 6
  • MASSIVE
  • BATTERY 4
  • DRUMLAB
  • ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • SESSION GUITARIST - STRUMMED ACOUSTIC
  • SCARBEE MM BASS
  • SESSION STRINGS PRO
  • GUITAR RIG 5 PRO
  • ALICIA'S KEYS
  • ABBEY ROAD 70S DRUMMER
  • DAMAGE
  • ACTION STRIKES
  • SYMPHONY ESSENTIALS
  • KONTAKT 6
  • MASSIVE
  • BATTERY 4
  • DRUMLAB
  • ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • SESSION GUITARIST - STRUMMED ACOUSTIC
  • SCARBEE MM BASS
  • SESSION STRINGS PRO
  • GUITAR RIG 5 PRO
  • ALICIA'S KEYS
  • ABBEY ROAD 70S DRUMMER
  • DAMAGE
  • ACTION STRIKES
  • SYMPHONY SERIES
Expansionsの数3102050

KOMPLETEのグレードで変わるのは主に音源の収録数

KOMPLETEのグレードによる違いは、収録されている音源やプラグインの数が違うというところです。比較するとほとんどの製品はグレードによって音源の機能が制限されていることはなく、収録されている音源がそのまま使えます。

一部の音源やプラグインはグレードによって機能制限版が含まれている

比較してみると、ごく一部に収録されている音源のグレードがKOMPLETEのグレードによって違うものがあります

KOMPLETE 12 ULTIMATEでは、

  • SESSION HORNS PRO
  • SESSION STRINGS PRO

が収録されていますが、KOMPLETE 12と比較してみると、

  • SESSION HORNS
  • SESSION STRINGS

が収録されています。「SESSION HORNS」と「SESSION STRINGS」はPRO版の機能制限版です。ですがそれぞれをPRO版に個別にアップグレードすることもできます。

KOMPLETE ULTIMATEは高いので中位版のKOMPLETE無印版でも十分

KOMPLETEの上位グレードのKOMPLETE ULTIMATEは価格が高いです。比較すると、KOMPLETE無印は7万円弱ですが、ULTIMATEは14万円前後します。これではこれからDTMを始めようとしている初心者の方には高くて手を出しにくいと思います(もちろん収録されている音源を別々に買うと何十万もしてもっと高いですが)。

KOMPLETEでもKontaktやMassiveなど人気音源・人気ソフトシンセが収録されています。単体で買うとKontaktが約5万円でMassiveが約2万円ですが、KOMPLETEはその2つとその他の製品すべて含めて52製品が約7万円しかしません。

それ以外にもKOMPLETEにはNative Instrumentsの製品で評価の高いBattery、Studio Drummer、SCARBEE MM BASS、GUITAR RIG 5 PROなどが入っています。なので、KOMPLETEを買っても十分だと思います。

初心者の方はKomplete、お金に余裕がある人はKomplete Ultimateを選ぶのがいいと思います。

あとでアップグレードもできる

それに「Komplete」から「Komplete ULTIMATE」、「Komplete ULTIMATE Collector’s Edition」にアップグレードできます。最初にKompleteを買っておいて、お金が貯まってからKomplete ULTIMATEにアップグレードしてもいいと思います。

Kompleteに収録されていない音源は個別に買うこともできます。また収録されている音源で機能制限版(下位版)のものは単体だけでも上位版にアップグレードできるので気に入ったらアップグレードすればいいと思います。

Komplete SELECTは避けた方がいい

最下位のグレードのKomplete SELECTは音源の収録数が少なすぎます。なので買うのはKOMPLETEかKOMPLETE ULTIMATEがいいと思います。

KOMPLETE SELECTにはNative Instrumentsの製品で評価が高いKontakt、Battery、Studio Drummer、SCARBEE MM BASS、SESSION GUITARIST、GUITAR RIG 5 PROのどれも含まれていません。個人的にはこれらのどれか一つでも入っていたらKOMPLETE SELECTも選択肢としてありだったと思いました。

またKOMPLETE SELECTの中にはKontaktの下位版のKontakt Playerしか入っていません。Kontakt Playerは無料で手に入れることができるソフトです。比較するとKomplete SELECTはコスパが悪いということがわかると思います。

ULTIMATE Collector’s Editionについて

Komplete 12から新しくULTIMATE Collector’s Editionというグレードが出ましたULTIMATE Collector’s EditionはKompleteシリーズの最上位版になります。

Komplete Ultimateと比較するとExpansionsの数は違いますが、こちらに含まれている音源の数はKomplete Utimateと同じ101個です

ですが含まれている音源のグレードが少し違います。ULTIMATEではオーケストラ音源の「SYMPHONY ESSENTIALS」が入っています。比較するとULTIMATE Collector’s Editionではそのかわりに上位版の「SYMPHONY SERIES」が入っています。

音源が同じ数しか入ってないですし、SYMPHONY SERIESはオーケストラを作る人くらいしか必要がないと個人的には思います。

なにより価格が19万8000円なので、Komplete ULTIMATEと比較するとかなり手をだしにくいと思います。

なのでほとんどの人はKompleteかKomplete Ultimateのどちらかを比較して選べばいいと思います。

KOMPLETEにも収録されているKONTAKTは早く手に入れた方がいい

Komplete・Komplete ULTIMATEにはKONTAKTが含まれています。

KONTAKT専用の音源がサードパーティからクオリティが高いものが大量に販売されています。そのため、KONTAKTが入っているKOMPLETEを早めに買ったほうがいいです。

Komplete SELECTに含まれているKONTAKTの下位版の「KONTAKT PLAYER」では使用できないKONTAKT専用音源も多いので、Komplete無印かKomplete ULTIMATEを買ったほうがいいですね。

こちらのページも参考にしてください

KOMPLETE 12

Amazonで見る
楽天で見る
サウンドハウスで見る